アフターピル処方に必要な検査とコンディショニング法

アフターピルを処方してもらうためには検査が必要になりますが、それは体に対する負担が非常に大きいので、血栓のリスクが高い人や、持病を持っている女性に処方すると重篤な副作用が出る可能性があるからで、血液検査やホルモン検査をすることで、安全にアフターピルを服用することができます。緊急避妊用のピルなので、手軽に服用することはできませんが、犯罪などに巻き込まれて膣内射精をされた場合には救急病院で即座に処方を受けられるので、意図していない妊娠を防ぐことができます。アフターピルは24時間以内に服用すると95%以上の確率で避妊をすることができるので、夜に膣内射精をされたら翌朝すぐに婦人科で処方を受けると避妊率が高い状態でアフターピルを服用することができます。コンディショニング法は女性アスリートの生理周期をコントロールするもので、生理とは関係なく厳しい練習を行っていると、将来的に不妊症になる可能性があることから、近年になって生理周期や月経に関するコンディショニング法が重要視されています。部活動をしている中学生の中にも生理が来ない割合が増えていますが、男性教師が指導をしていると女性の体に関する知識が乏しいために、生理周期などを無視して練習をして、その結果として無月経になる選手が増えています。コンディショニング法は生理周期と練習や試合のピークを考慮するもので、低用量ピルを利用して生理の周期を変化させるので、専門的な知識が必要になります。現在の日本の女性アスリートのほとんどがコンディショニング法によって生理周期をコントロールしているので、効率よく練習ができるようになって、女性アスリートの競技成績も上昇傾向にあります。