アフターピルでデリヘル嬢は膀胱炎になりやすい?

アフターピルを使用することが多いデリヘル嬢は膀胱炎になる方が多いと聞いたことはないでしょうか。
そもそもアフターピルは性行為やそれに似た行為を行なうデリヘル嬢には欠かせないアイテムの一つであり、生理を意図的に遅らせることにより妊娠を避ける薬になります。

アフターピルを服用することにより、女性ホルモンであるエストロゲンやプロゲステロンを摂取することになり、子宮内膜を厚くするのを防いだり、排卵を抑えたりして妊娠を防ぎます。
このようにデリヘル嬢には欠かせないものなのですが、さまざまな副作用があります。
多量の女性ホルモンを摂取することになりますので、それなりの悪影響が身体にでることになるのですが、そのなかに膀胱炎はあるのでしょうか。

よくアフターピルを使用したら膀胱炎の症状が起きたというケースは少なくなく、デリヘル嬢の間でもよく見られる現象なのです。
膀胱炎の症状は排尿時に痛くなる、残尿感がある、トイレの回数が多くなるといったものであり、性感染症に似たような症状もでます。
しかし、アフターピルと膀胱炎の因果関係は証明されておらず、アフターピルが原因ではなくその他に原因があると考えられます。
そもそも膀胱炎は尿道が短い女性にとって罹りやすい病気であり、雑菌が侵入することにより罹ってしまうケースが多いです。
ですからデリヘル嬢という仕事をしていると多数の方と肌と肌を合わせますので、そういった部分から膀胱炎の症状が発生したと考えられるでしょう。
アフターピルの副作用と考えるのではなく、職業柄も手伝って細菌による感染症と考えるのが無難になりますので、少しでも症状が発生したら病院で診てもらった方が良いでしょう。
その時にアフターピルも使用しているのなら、その事を医師に伝えておくことも忘れないでください。