アフターピルはいつまでに飲めばいいの?

アフターピルは、男性用の避妊ゴムなどの別の方法で避妊をしたのに失敗してしまったとか、その他男性に無理やり性行為を強要されるなどして、望まない妊娠をしそうになったときに飲む緊急避妊薬のことです。
原因となる性行為があった後でアフターピルを飲むことになるため、基本的にはこの錠剤のなかに含まれている女性ホルモンの分量も、事後的な避妊であることを前提とした専用ものになっていますが、場合によっては、ふつうの避妊に用いられるピルと同じものを、処方量を変えて飲むことによって、アフターピルとして転用することがあります。
このアフターピルを性行為の後いつまでに飲めばよいかですが、原則として72時間後までにというのが一般にいわれていることです。
性行為後72時間を過ぎてしまえばぜったいにこのアフターピルの効き目がなくなってしまうのかといえばそうではなく、試してみる価値はあるのですが、飲んだとしても避妊に失敗してしまう確率は高くなるとされています。
また、72時間以内に飲んだ場合であっても、避妊に成功する確率は8割程度とされていますので、こちらも必ずしも成功する保証はないのですが、なにもせずに放置した場合に比べれば、格段に高い確率で避妊に成功できるということになります。
この場合であっても、性行為後のできるだけ早い時間にアフターピルを飲むことが、避妊の確率を高めるための鉄則であるといえます。
アフターピルは、産婦人科などで医師に相談をすればすぐに処方してもらうことができ、内診まではなく、問診だけで処方するというスタンスの医師も多いようです。
アフターピルの処方については休日も対応しているという産婦人科もあるため、ためらわずに処方を受けることがたいせつといえます。

アフターピルの種類はどれくらいあるのか

アフターピルは世界中のさまざまな製薬メーカーが製造販売しているため、銘柄の名前としては、かなりの膨大な数ということになります。
しかし、こうしたアフターピルも、大きくは2つの種類に分けられますので、その種類にあわせて飲む回数や1回あたりの錠数が異なってくることになります。
まずは、はじめから緊急避妊薬として専用で製造されているアフターピルについてです。
この場合、性行為をしてから72時間以内に、定められた量を1回だけ飲むことになります。
ポピュラーな銘柄の緊急避妊薬ですと、1回分とされている2錠が1つの包装のなかにおさめられていますので、基本的に錠数を間違うおそれはないといえますが、念のため医師に確認したり、説明書を読んでおいたほうがよいでしょう。
また、一般的な経口避妊薬として使用されているピルを、アフターピルとして服用することもあります。
この場合、性行為から72時間以内に1回服用して、さらにその12時間後にも1回服用するといった、2段階の方法がとられます。
生理周期のはじめから計画的に服用して避妊をする場合には1回1錠だけ服用するのが正しいとしても、アフターピルとして服用する場合には、ホルモン量を多めにする必要から、たとえば1回につき2錠ということがあります。
このあたりのさじ加減は、素人には難しいものですので、かならず医師の説明を聞いて、その指示どおりに服用することが重要です。
いずれの種類であっても、アフターピルの服用によって、排卵や子宮での着床が抑制されますので、妊娠をしないようになりますが、妊娠しない確率を高めるためには、なるべく早く産婦人科に行ってアフターピルの処方を受けることが鍵となります。

アフターピルの効果を確実に発揮する方法

アフターピルは避妊の失敗や、望まない性交渉で妊娠してしまうのを避けるために服用するものです。
アフターピルは服用することにより女性ホルモンのバランスを崩し、受精卵の着床を防いだり、排卵を抑制して妊娠を避けます。
このアフターピルの効果を確実に発揮する方法は「性交渉を行ってから、なるべく早くふくようすること」に尽きます。
避妊に失敗してからアフターピル服用までの時間が短ければ短いほど、避妊効果は上がります。
アフターピルの種類などにもよりますが、妊娠率は避妊の失敗から12時間以内の服用で0.5%、24時間以内で1.5%、48時間以内で2.6%、72時間以内で4.1%と言われており、早く服用することが効果的なことがわかります。
通常、アフターピルは72時間以内に服用することと言われていますが、72時間以内であっても早ければ早いほど効果的なのです。
アフターピルは薬局やドラッグストアでは購入することは出来ません。
また、通常のピルのように産婦人科の全てが処方をできるわけではありません。
そのため、緊急の時には電話などで処方してもらえるかどうかの確認を行ってから出向くのが良いでしょう。
また、通常のピルよりも副作用が大きいとも言われています。
吐き気や嘔吐といった副作用が多く報告されていますが、服用後数時間で嘔吐してしまった場合には薬も一緒に吐き出してしまっている可能性があります。
それでは服用した意味がありませんので、万が一服用後数時間で嘔吐してしまった場合には処方してもらった病院に連絡をしてみるようにしましょう。
アフターピルは保険適用外となってしまいます。診察代と薬の代金をすべて合計して、10000円~15000円程度の費用がかかります。

■医薬品リストや口コミなどはこちらから
モーニングアフターピルの解説